施設紹介

在宅復帰施設として様々なサービスをご提供いたします。

まんさくの里←往復利用→自宅

理念

まんさくの里は、利用者の尊厳を守り、安全に配慮しながら、生活機能の維持・向上を目指し総合的に援助します。
また、家族や地域の方々と協力し、安心して自立した在宅生活が続けられるよう支援します。

教育理念

利用者様を、思いやり・寄り添い、利用者様がいま何を必要としているかを考え理解した行動をとり、
在宅支援に向けて安全で質の高いサービスを提供できる職員を育成します。

1階多目的ホール

基本方針

  1. まんさくの里職員は良心に基づき、利用者様に医学的管理の下、看護、介護、リハビリを総合的に提供します。
  2. 自立した在宅生活が継続できるよう介護予防の支援を致します。
  3. 利用者様の人権とプライバシーを守り、皆様が快適に介護サービスを受ける権利を保障します。
  4. サービスは、利用者様・家族様の同意を得た上で、計画的に実施します。
  5. 利用者様の個人情報保護に全力で取り組みます。
  6. サービス内容を公開し、正確な情報を提供して、地域の皆様の介護、保健、福祉のご要望に応えていきます。

「まんさくの里」由来

トキワマンサク

トキワマンサクは静岡県天然記念物に指定されており、群生地は日本で現在3か所確認されております。
熊本県の小岱山、三重県の伊勢神宮、湖西市神座地区が知られています。
特に湖西市神座地区の群生地は分布の北限にあたり、地元にあることから名前をつけました。

入所・ショートステイ・デイケア

2階療養室1人部屋

入所

まんさくの里は介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指すために、医師による医学的管理のもと、看護・介護といったケアはもとより、理学療法士や作業療法士等によるリハビリテーション、また、栄養管理・食事・入浴などの日常サービスまで提供する施設です。常に利用者様主体の質の高い介護サービスの提供に心がけ、また、地域に密着した施設として、介護予防を含めた教育・啓発活動など、在宅ケア支援の拠点となることを目指し、利用者様・家族様が快適に自分らしい生活を送れるように支援しています。

ショートステイ

利用者様が可能な限り自宅において、その方の有する能力に応じ自立した日常生活を送ることが出来るように、一定期間リハビリを集中的に行うサービスです。また、介護をする家族様が所用のため介護が出来ないとか、日々の介護からリフレッシュする時間がほしい等の理由でも使用できます。

通所リハビリテーション(デイケア)

当施設のデイケアでは、要支援1から要介護5までの方を対象に一日定員60名の方へリハビリを提供しています。
利用者様が楽しく活き活きと在宅生活が送れるように、専門の医師や理学療法士、作業療法士をはじめ看護師や介護士と共に日常生活を通して今ある心身機能を高め、利用者様のよりよい在宅生活に向けて支援しています。
その1つとして、「日常生活すべてがリハビリである」と位置付け、利用者様個々のレベルに合わせた『自助努力の取り組み』を行っています。

関連施設

アクセス

静岡県湖西市岡崎1353番地の1

Page top